長寿遺伝子に働きかける?レスベラトロールと遺伝子の関係

レスベラトロールは、強力な抗酸化作用があり、老化を抑制し、アンチエイジング効果も期待できるのですが、それには遺伝子との深いかかわりがあります。

ここでは、レスベラトロールと遺伝子の関係についてご紹介します。


私たちの体には、寿命を決めるDNA、つまり遺伝子があります。

この寿命を決める遺伝子のことを、「サーチュイン遺伝子」と言います。
レスベラトロールは、この「サーチュイン遺伝子」を活性化し、老化を抑制し、寿命を延ばすようです。

人間をはじめ、ほとんどの生物には、もともと平均寿命より長生きできる遺伝子が体内には存在しているのですが、その長寿遺伝子、つまり「サーチュイン遺伝子」が作動していないのです。
この「サーチュイン遺伝子」のスイッチをオンにするためには、カロリー制限をし、飢餓状態にする必要があるのですが、飽食の現代では、食べ物が豊富にあり、暴飲暴食をする人、偏った食生活をする人、肥満人口の増加などによって、思うようにカロリー制限できない方が多いのが実情です。

それを可能にするのが、レスベラトロールなのです。

空腹感に悩まされることなく、「サーチュイン遺伝子」を活性化し、老化を抑制するなどの働きをサポートする働きがあり、結果、寿命を長くするのです。


私たちが、寿命を長くし、若さを保つためには、カロリー摂取を抑制する遺伝子を操作する必要があるのです。
それを苦労することなく可能にするのが、このレスベラトロールというわけです。

レスベラトロール関連情報

長寿遺伝子に働きかけるとされている「レスベラトロール」ですが、どのようにして長寿に働きかけるのか、気になるレスベラトロールと遺伝子の関係をご紹介しています。

このページのトップに戻る