レスベラトロールの副作用はあるの?安全性は確かなの?

血管や肌、脳など、様々な器官で抗酸化作用を発揮し、老化を予防し、若々しさを保つ効果があるレスベラトロールですが、副作用はないのでしょうか。

ここでは、レスベラトロールの副作用と安全性についてご紹介します。


レスベラトロールは、ブドウの皮や種などに含まれるポリフェノールの一種であり、薬などではないため、現時点では、副作用は報告されていません。

レスベラトロールが含まれている赤ワインやレーズン、ブルーベリーなどの食材で摂取する場合はもちろん、サプリメントなどの場合でも、副作用は心配する必要はないでしょう。


現時点で、どのくらいの量のレスベラトロールを摂取すれば最適なのかについては分かっていませんが、販売されているレスベラトロールのサプリメントでは、100mg前後のものが多く、1日当たり、100mg〜200mgが推奨されています。
つまり、このくらいの量を摂取する分には、全く副作用の問題はなく、安全性も高いというわけです。
もともとレスベラトロールは、食材に含まれるポリフェノールの一種であるわけですから、副作用や安全性には問題ないと言えるのではないでしょうか。

ただし、注意したいのが、レスベラトロールのサプリメントとして販売されているものの中には、ブドウの皮や種以外の原料を使ったものもありますし、極端に価格の安いものの中には、粗悪品もあります。
そういう場合は、なんらかの副作用があったり、全く効果が得られない、安全性に問題がある場合もあります。

レスベラトロールは、できれば食材や食品から摂取することが望ましいのですが、サプリメントで摂取する場合は、原材料を必ず確認し、信頼のおけるメーカーのものを購入するようにしましょう。

レスベラトロール関連情報

長寿やアンチエイジングに働きかける「レスベラトロール」ですが、その副作用や安全性が心配ですよね。
レスベラトロールに副作用はあるのか、安全性は確かなのか、解説しています。

このページのトップに戻る