赤ワインはレスベラトロールを含む代表的な食材です

レスベラトロールを含む食材として代表的なのが、赤ワインです。

レスベラトロールが、赤ワインから発見されたといっても過言ではないほど、たっぷり含まれています。

レスベラトロールの含有量は、どの赤ワインでも同じというわけではありません。

赤ワインの原料であるブドウの種類や、産地、収穫年、農場などの違いによって、レスベラトロールの含有量は異なります。

レスベラトロールの含有量は、赤ワイン1リットル当たり0.2〜5.8mgであると言われており、最も少ないものと、最も多いものとの差は、実に30倍もあります。

レスベラトロールの1日当たりの必要摂取量は、今のところ明確には分かっていませんが、推奨量は、1日当たり6mgとも言われており、この量を摂取するためには、赤ワインを1リットルも飲む必要があるという計算になります。
とてもじゃないけど、毎日1リットルを飲み続けるのは困難であり、赤ワインは、カロリーも高いので、肥満になったり、アルコールの摂り過ぎにもつながります。

そこで、足りない分をサプリメントや、その他の食材、食品で補い、うまく摂取するのが、賢い方法です。


赤ワインの中のレスベラトロールの含有量が最も多いとされているのは、南フランス(ローヌ地方とボルドー地方)のものなので、赤ワインからレスベラトロールを摂取したいとお考えの方は、原産地に着目して選ぶとよいと思います。


レスベラトロールは、赤ワインに含まれていますが、くれぐれも飲み過ぎに注意し、他の食材、食品、サプリメントなどと併用しながら、上手に摂取するようにしましょう。

レスベラトロール関連情報

長寿やアンチエイジングに効果を発揮する「レスベラトロール」を配合している代表的な食材といえば「ワイン」です。
どんなワインに、どれだけレスベラトロールが配合されているかなどをご紹介します。

このページのトップに戻る