レーズンからレスベラトロールをたっぷり摂取する方法

レスベラトロールが、ブドウの皮や種に最も多く含まれていることからわかるように、ブドウをそのまま乾燥させたレーズンには、豊富にレスベラトロールが含まれています。

ここでは、レーズンに含まれたレスベラトロールについてご紹介します。


レーズンは、そのまま食べてもよし、料理やお菓子に入れてもよしの食材であり、価格も安く、どこでも手に入れることができ、利用しやすい食材の一つです。

レーズンと聞いてまっ先に「鉄分」を思い浮かべた方もいると思いますが、その他にもミネラルをバランスよく含み、栄養価が高いので、天然の栄養成分として昔から親しまれてきたようです。

このレーズンに強力な抗酸化作用を持つレスベラトロールが含まれていることが、最近の研究結果で判明し、注目を集めるようになりました。

ブドウの皮や種に最も豊富にレスベラトロールが含まれており、それを丸ごと食べることができるレーズンほど、効果的にレスベラトロールを摂取できる食材はないのではないでしょうか。
このレスベラトロールの働きによって、長寿のDNAと呼ばれる「サーチュイン遺伝子」が活性化し、老化の原因である活性酸素を除去し、若々しさを保つというわけです。

この「サーチュイン遺伝子」を活性化し、老化を抑制するために効果的なレーズンの摂取量は、30g程度だそうです。

毎日30gのレーズンを食べるだけで、健康や美容を維持することが可能だなんて、すごいと思いませんか?

そのまま食べても良いですが、私のおすすめは、ヨーグルトです。
レーズンは、そのままでも甘みが強いので、無糖タイプのプレーンヨーグルトに混ぜればほど良い甘さで食べやすい上にカロリーも抑えることができます。

レーズンを食べて、毎日をイキイキと過ごしませんか?

レスベラトロール関連情報

「レスベラトロール」が豊富に含まれている食材「レーズン」をご紹介しています。
レスベラトロールは、長寿遺伝子に働きかけ、老化防止やアンチエイジングに効果的な成分。
どれくらいレーズンを摂取すれば良いのかなどを解説しています。

このページのトップに戻る