なぜレスベラトロールで長生きできるのでしょうか

レスベラトロールが、注目を集めるようになった最大の理由が、長寿(長生き)効果です。

レスベラトロールは、強力な抗酸化作用を持つポリフェノールの一種あり、老化予防効果が期待される成分です。
と言っても、レスベラトロールが直接老化を防止するのではなく、寿命を決める遺伝子である「サーチュイン遺伝子」に働きかけて、老化を予防、長寿に導くのです。


人間を含め、全ての生命体には、長生きできる遺伝子が存在しているのですが、普通の状態では、その遺伝子はストップしています。
この遺伝子、つまり「サーチュイン遺伝子」のスイッチをオンにし、活性化することによって、老化を予防し、長生きできるのです。

この「サーチュイン遺伝子」のスイッチをオンにするのが、レスベラトロールです。

レスベラトロールは、「サーチュイン遺伝子」を活性化させ、「サーチュイン遺伝子」が持つ老化の原因である活性酵素の増加や、免疫細胞の異常をコントロールする力を働かせるのです。
その結果、生命を維持しようとする働きが促され、長生きできるというわけです。
長寿の遺伝子と言われている「サーチュイン遺伝子」の働かせるその他の方法に、食事制限があります。

「サーチュイン遺伝子」は、飢餓状態に近付けば近付くほど活性化する遺伝子であるため、食べる量を3割減らせば、自然と活性化し、レスベラトロールを摂取した場合と同じような効果が得られるのですが、普段から小食な方などにとっては困難ですよね。

レスベラトロールは、食事制限せずに、「サーチュイン遺伝子」を活性させ、老化を予防し、長寿を可能にできるので、いつまでも若々しく長生きしたい方は、ぜひレスベラトロールの摂取を検討してみてはいかがでしょうか。

レスベラトロール関連情報

長寿遺伝子に働きかけると言う話題の成分「レスベラトロール」ですが、その効果はどのようなものなのでしょうか。
「レスベラトロール」が長生きするためにどのように役立つか、解説しています。

このページのトップに戻る